タイヤに異変があれば放置せずにすぐ交換をする

タイヤの豆知識

定期的なタイヤ点検をする

適切な空気圧に常時しておく

クルマのタイヤは知らず知らずの内に空気圧が減っています。適切な空気圧にしておかないとパンクしたり燃費が悪くなったりします。ですから、空気圧が適正かの確認をしておきましょう。

タイヤの溝が十分にあるかどうか

走行しているとタイヤはすり減ってしまいます。すり減っていくと溝が浅くなりスリップする可能性が高くなるでしょう。タイヤには、スリップサインという目印があります。スリップサインがでたらタイヤ交換をしましょう。

偏摩耗をしていると危険

タイヤに空気が入り過ぎていたり少なすぎるとタイヤに偏摩耗が起きます。偏摩耗を確認した時は、空気圧が適切ではありません。空気圧が適切でなければタイヤの寿命を縮めてしまうでしょう。

タイヤのひび割れを見つけたら危ない

ひび割れがあるとパンクやバーストを起こしやすくなります。タイヤにひび割れがあれば、一刻も早くタイヤ交換をする必要があるでしょう。

広告募集中